So-net無料ブログ作成

3/16青い!『BLUE MAN GROUP』 [観劇日記]

080316_1358~010001.JPG

以前、NYにいったときも気になっていたけど結局いかなかった「ブルーマングループ」が六本木にやってきたということで、行ってまいりました。青い男3人のパフォーマンスです。オフブロードウェイで16年目に突入とのこと。

とにかく、ひやひやしたり、笑ったりの1時間半[わーい(嬉しい顔)]

ブルーマン登場前から、舞台袖にある電光掲示板に「ナカダさんは、何をしてもとにかく平凡で、注目されません。 みんなで叫びましょう せーのっ ナカダさん! 大好きだよ!」とかなんとか、ばかばかしいことを観客に叫ばせたり、(あ、ナカダさんは、架空の人です)紙でできたはちまきをしろと言われたり、なんだか変なノリ。

いざ始まると、ブルーマンは口にインキ含んで前衛的な絵を書いたり、打楽器あやつりながらバナナ食べてみたり、打楽器とインキでまたまた絵をつくってしまったり、難しそうーなパフォーマンスしながら、目と首、体の動きだけで、とにかく笑わせる笑わせる。顔を見合わせるとか、顔の向きを変えるとか、そのタイミングだけでこんなに笑えるんだなぁと、改めて再確認。

基本的に、ブルーマンはお行儀悪い。そして、女子に優しく男子に冷たい。口に入れたものをまた口から出したり、観客のいすの背を渡り歩いて、小型カメラを客の口の中につっこんだり。3名ほど舞台の上や袖にあげられてましたが、女子はお土産付き、送迎つき。男子は青く汚したり、溢れ出るものを押さえさせておいて、席に戻るときは、じゃあね、とそのまま放置。そんなオトコ臭いところにも、大爆笑。

青いし、顔の表情はないし、基本的に気味が悪いんだけど、目が離せないっていうところでしょうか。でも、子供がみたらトラウマになりそーだ。バンド4人がステージ上方にいますが、黒い上下に蛍光でまるでほねほねロックみたいな模様がついているせいで、何だか得体の知らない妖怪が音楽を演奏しているみたいにもみえて、結構面白い、かつ気持ち悪い。


とはいえ、映像とブルーマンたちと、闇に浮かび上がるバンド4人がうまく絡み合って、1時間半あっという間でした。インターネット社会、情報過多の社会、ネットワーク(下水管含む)への強烈な風刺も織り交ぜながら、ほーっとその見方に関心。16年もやっていれば、この社会ネタも結構かわってきてるんじゃないのかな。このあたり、ぜひこれまで観た方に聞いてみたいものです。

ただ、映像が挟まれることで、ブルーマンの登場時間は案外少ないです。日本だと、1時間から1時間半くらいのショーだと、とにかく皆出ずっぱり(宝塚のショー、シューズオンやダウンタウンフォーリーズなどなど)で、歌って踊ってというイメージなので、少しなーんだと思ったのも正直なところ。とはいえ、極限まで使い尽くすことなく、長く続ける、という向こうの上演システムをよく表しているかなと思うと、興味深くもありました。

もし、また行く機会があれば行きたいかも。できれば、オフブロードウェイで[ダッシュ(走り出すさま)]
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

鉄XXの妻

オフブロードウェイバージョンはまた違った楽しさがあるのでぜひお試しあれ~ :-)

六本木バージョンとの一番の違いは、劇場のコンパクトぶり。あの3人の存在感がそれはもう圧倒的で、もともとはロック系パフォーマンスというのも納得のノリ。六本木会場はちと広いのでバックミュージシャンを追加したのでは?と思ったくらい。電光掲示板もあれほど多用してなかったか、そもそもなかったのか。。ちなみにラスヴェガスをはじめとする全米各地ではバスケットコートなどが会場の場合もあり、後方に座ったりすると何が面白いのか分からんという事態に陥るらしいよ。六本木とシカゴで観たというアメリカ人が申しておりました。

私がオフブロードウェイで観劇したのは約9年前で、インターネット社会ネタはそんなに顕著ではなかった。ポスターパタパタの場面では「これを読んでいるあなたは日本人ですか?」などの日本人向けサービスがあったと記憶してマス。エンディングのしかけは全く同じだけれども、六本木は会場が広い分、なかなかフィニッシュに到達せず、ゼーハーと息切れしてきたのは年のせいなのか。。

帰りは何かとブツブツ言いつつも、出口で思わず「ブルーマンせんべい」を買ってしまったわれら。ふつうのおせんべいにBLUE MAN GROUPのロゴor3人のシルエットがプリントされていて、会社ではダントツ後者が人気でした。「えっ2種類あるの?あたしもヒトガタのがいいー!」と。。もちろんこちらは日本公演ならではおみやげです。

by 鉄XXの妻 (2008-04-14 23:42) 

とんすけ

>鉄XXの妻さま
ブルーマン、オフで観ると、客席のノリがまず違うだろうね。
いってみたい。

おそらく、何年かおきに見ると、ねたが代わってたりするんだろうし、
もちろん国や地域でネタをかえてるんだろうし、
そういうのもロングランの秘訣なのかしら。

ブルーマンせんべい。食べると青くなりそう(爆)


by とんすけ (2008-04-16 21:33) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。