So-net無料ブログ作成
検索選択

4/27ニューディール政策の仕掛人はアニー!?『Annie』 [観劇日記]

いろいろとミュージカルは観ている割に、
観ていないメジャーなミュージカルって案外いっぱいありますが、
そのうちの一つ、『アニー』@青山劇場に行ってきました。

アニーといえば、
厳しいオーディションを勝ち抜いた子どもたちが、
涙涙でがんばったのちに当日を迎え、
♪トゥモロートゥモローと犬といっしょに、笑顔いっぱいに歌う孤児のミュージカル
というイメージしかなかったのですが……


その通りでした[わーい(嬉しい顔)]

世界大恐慌直後にアメリカ
酒ばかり飲んでいるミス・ハニガン(山田邦子)が世話をしている、ある孤児院。
孤児のアニー(スマイル組 荻野七穂)は、
11年前の大晦日に、その孤児院の入り口に、
両親の手紙と銀のロケットといっしょに置き去りにされた。

どうしても両親に会いたいアニーは、ある日孤児院を脱走。
案外簡単に連れ戻されるものの、
そこへやってきたウオーバックスさんの秘書グレース(岩崎宏美)に遭遇し、
億万長者のウオーバックスさん(目黒祐樹)ちでクリスマスをすごすことになる。

ウオーバックスさんはルーズベルト大統領(嶋崎伸夫)も一目おく、すごい億万長者。
いっしょに過ごすうちに、ウオーバックスさんはアニーが大好きになり、
養女にしようとしたものの、
アニーの望みは両親を探していっしょに暮らすことだと知り、
FBIや大統領まで動員して親を捜すことに。


というお話です。

子ども向けなわりに、なのか、子ども向けだからなのか、
実にスケールがでかい。
ニューディール政策をルーズベルトに決意させたのは、
アニーが歌う歌“トゥモロー”ってことになってるし[目]

子どもばかりだから、たいした事なかろうと正直思ってたのですが、
いや、レベル高いですね。
心底驚きました。
まぁ、歌詞が聞き取れないところもあるけれど、それもご愛嬌ってところか。
台詞回しも大人顔負けのうまさだし、
ダンスももちろんたいしたものです。
ほんと、失礼いたしましたという気分。

一幕の後半、アニーとウオーバックスさんが
ブロードウェイのマジェスティック劇場(今はオペラ座の怪人やってる劇場ですね)に
ショーを見に行くという場面があるのですが、
そこではタンプダンスの華やかなショーの上演中。
タップキッズという12人の子どもたちとタップの女王が踊るのですが、
いやー、ほんとプロ顔負け
(いや、お金とってみせているんだから、彼らもプロなんだけど)のうまさ。
ステップもけっこう高度な感じを受けたし。
絶対『シカゴ』のリチャード・ギアのタップなんて、メじゃないですよ、もちろん。

ミュージカルとしても、曲が親しみやすいし、
ミュージカルだからこその楽しいシーンも多いし、
ストーリーも楽しいし、いい作品でした。

ちょっと古い作品だからか、冗長な感じがする場面もありました。
特に、ウオーバックスさんが心情を歌う歌が難曲があるわけですが、
すごくいい曲なんだけど、もっとコンパクトでもいいなぁと思ったり。
そんなとき、客席の半分近くをしめる子どもたちは正直ですよ。
「もうやだー」とか「サンディ(犬です)はどこに行ったのー」
とかなんとかいいながら、いすをばたんばたん。大騒ぎ。
まぁ、ふつうに考えて、3時間近く子どもがじっとしていられるわけがないわけで。
でも、アニーや孤児たち、召使いたちが歌い踊る場面になると
身を乗り出してみていました。


客席も、反応が面白い。
ウオーバックスさんとその秘書グレースは、最後には結婚するわけですが、
プロポーズの場面で、ウオーバックスさんが「私と結婚してくれないか」と言ったとたん、
客席から「えーーーっ」と男の子が絶叫。
タイミングよすぎます。
でもこのえーって、結婚するのが意外だったのか、
グレースが好きだったからえーって言ったのか、どっちなんだろー。

悪いものは最後には罰せられ、
素直に前向きに生きていれば、
何らかの形で願いはかない、みんな幸せになる。
あと、どんなに金持ちだって手に入れられないものもある。
金より心。

ピーターパンに引き続き、子どもな気持ちにさせていただきました。

あと、アニーといえば、蒼井優や岩崎ひろみをはじめ、
レミズのコゼットだった河野由佳、冨田麻帆など、
実はアニー出身者っていう女優は多い。
今日観た中からも、
何年か経ったらまたどこかの舞台でであう子も出てくるんでしょうね。
それはそれで楽しみ。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

lils

ニューディールはアニーのせいなのか~しらなかった・・!
考えてみれば、『アニー』ってどんな話なのかさえ知らないのに、あの子役のモジャモジャ頭とトゥモローのサビが頭から離れないのはなぜ??

しかし子供が三時間も観てるなんて、すごいなぁ
うちの子は映画2時間がせいぜいだけど、ディズニーも観ないのですよ。
喋り方とかギャグが独特で、ついていけないみたい。
ディズニーの登場人物たちって、よく喋るしよく動くし、まるでミュージカルそのものみたいですね。

by lils (2008-05-02 02:24) 

とんすけ

>lilisさん
そうなのよー、私ももじゃもじゃ頭とトゥモローの話くらいにしか思ってませんでした。ちなみに、もじゃもじゃ頭でアニーが出てくるのって、ほんの一瞬でした^_^;

ディズニー、私も子供のころはあまり好きじゃなかったんだけど、先日ピーターパンみたら、計算されつくされたキャラクターの動きに釘付けになってしまいました。やっぱすごいよなー。
by とんすけ (2008-05-02 14:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。