So-net無料ブログ作成

昨年の観劇懺悔を新年のご挨拶代わりに。1 [観劇日記]

明けましておめでとうございます[晴れ]
昨年後半は、あれやこれやですっかり放置していましたが、
まずは昨年やり残した観劇懺悔から始めさせていただきます[るんるん]

2008年は
観劇52回、35作品、トークショー&ディナーショー3回、ライブ1回でした。

まずは1,2,3,4月から。

1/12M 劇団四季 CATS
 数年ぶりのキャッツ。役者の質など変われど、座席につくとわくわくするのは
 初めて観た高校2年生のときから変わらないなあと、再確認。

1/14S 東京會舘トークサロン 橋本さとし、井上芳雄、塩田明弘
 えっとですね、お笑いショーかと思うくらい笑わせていただきました。
 主演級のミュージカル俳優2人に、日本のミュージカル指揮者といえばという
 御方々なのですが[わーい(嬉しい顔)]

1/19S 歌舞伎座 壽 初春大歌舞伎
 確か、団十郎の助六、福助の揚巻見たさにチケット確保したんだったかな。
 団十郎のキップのよさ、福助の色気にぼーんやりして歌舞伎座を後にしたはず。

 一、鶴寿千歳
  姥:芝 翫/尉:富十郎
  松:歌 昇/竹:錦之助/梅:孝太郎

 二、連獅子(れんじし)
  狂言師右近後に親獅子の精:幸四郎/狂言師左近後に仔獅子の精:染五郎
  僧遍念:高麗蔵/僧蓮念:松 江

 三、歌舞伎十八番の内 助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)
  花川戸助六:團十郎/白酒売新兵衛:梅 玉/三浦屋揚巻:福 助/同 白玉:孝太郎
  福山のかつぎ:錦之助/朝顔仙平:歌 昇/口上・くわんぺら門兵衛:段四郎
  通人:東 蔵/髭の意休:左團次/曽我満江:芝 翫

1/26M ジンギスカン
 久しぶりの小鈴さん出演ということで行ってきましたが。
 平幹二郎の息子が主役の、宝塚の芝居みたいでした。音楽の入り方とか。あはは[ふらふら]

2/9M ウェディングシンガー
 楽しい楽しい作品でした。塩田さんの指揮者ダンスっぷりがすごかった。
 井上くんが2007年こまつ座の「ロマンス」を超えて、
 コメディーに自然に演じていたのが印象的。

2/14S プロデューサーズ
 こちらもお馬鹿に徹した作品ですが、やはり楽しいミュージカルって
 楽しいわぁと思わされました。岡さんのオカマっぷり最高。

2/16S TSミュージカルファンデーション タンビエットの唄
 名作だと聞いていたんですよ。だから行ってきました。
 泣けました。ベトナム戦争についてちゃんと知りたくなりました。

2/17S プロデューサーズ
 チケットをなんとかゲット。またいってきました。
 チケット受け渡しに日比谷を歩こうとしたら、
 東京マラソンで大回りさせられてうんざりした記憶が。

2/21S 音楽座/Rカンパニー リトルプリンス
 確か、青山劇場に「星の王子様」見にいったなぁと。
 広田勇二さんが音楽座に出ていると、やっぱり不思議。
 歌を聴くと、フイイがよみがえる。

2/23S 劇団四季 ウィキッド
 ちょっと思い出すために観ておきたくて、再度いってきました。
 オズの魔法使いの前日談。いろいろ気になるところはあるが、
 音楽も豪華さも楽しい。
 ブロードウェイで観てみたい。

2/24M 中野ブラザーズ60周年記念公演
 日本のタップダンサーの草分け。中野ブラザーズ。
 70歳を超えた2人の軽快なタップは、
 なんだかいいもの観ちゃったなという気分に。
 半分弟子や仲間の発表会的な温かい公演でした。

2/25M ウェディングシンガー
 平日ですが、ノリでいってきちゃいました。
 
3/4S ベガーズオペラ プレビュー
 前回の公演とは何かが違う、と思いつつも、
 発熱のため途中から意識がもうろう。

3/9M ドリームボーイズ
 ある仕事のために、ぜひジャニーズはみておいて!
 と勧められて、見せてもらいました。
 帝国劇場に黄色い歓声が〜〜っということで、
 カルチャーギャップをがつんと受けて帰宅。

3/15S ベガーズオペラ
 ようやく元気に観られました。
 やっぱり、この作品おもしろくなってるよ。

3/16M ブルーマン
 ちょっとものたりなさを感じたものの、ブルーマンの
 おもしろキタナイパフォーマンスで、思い切り笑いました。

3/20M 劇団四季 ミュージカル李香蘭 初日
 なぜか李香蘭は初日に観ることが多いのですが、
 今回もご本人観劇。政界からは中曽根さん。
 野村玲子氏の香蘭はいつまでみられるかな。

3/29M ベガーズオペラ
 橋本さとしさんが、高島兄のピーチャムを兼任。
 いや、大変そうだけど楽しそうでもありました。
 この作品、前回もそうだったけど楽に近づくにつれて
 パワーがすごく増すなぁ。幕間のベガーズに施し合戦激化。

3/30S クラブセブン
 玉野さんはじめ、とにかく芸達者な方々がまじめに不真面目な
 ことをするって面白いんです。
 いつも、見にいこうか迷って見にいって大満足なのがクラブセブン。

4/5M ラ・マンチャの男 初日
 ある人にとにかく絶対ラマンチャは観るべきと勧められて
 みました。複雑でどすんとくる作品。台詞が心にしみる。
 でも、理解しきらず、再度見にいくことにしました。

4/12S レベッカ
 ストーリーは当然面白い。だって、ヒッチコックも映画にしているし。
 音楽もクンツェ&リーヴァイだし、耳なじみと新鮮さですごくいい。
 でも、演出始め気になるところが多い公演。

4/20M 49日後
 久しぶりのストレートプレイ。
 古田新太、八嶋智人、池田成志、松重 豊、小田 茜
 って、何かやってくれるに違いないメンバー。
 関西のデス電所の脚本家ということで、ちょっと脚本と展開が小劇場っぽいのが
 むむむですが、やっぱり強烈でおもろい芝居でした。

4/27S アニー
 観たことのなかったミュージカルを観よう第2弾ということで、アニー。
 ごめんなさい、馬鹿にしてました。子供ミュージカルだろうって。
 でも、役者(つまり子役)のレベルの高さ、作品の質の高さにびっくり。

4/29S ラ・マンチャの男
 もう一度見にいきました。
 いろんな台詞で涙がとまりませんでした。音楽も心にしみいる。


劇場23回、作品18作品、トークショー1。
そして、続く
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。