So-net無料ブログ作成
検索選択

天使と悪魔の次にお勧め。『バチカン-ローマ法王庁は、いま』 [本]

mixiレビュー機能に限界感じてこちらにもアップ[ウッシッシ]


バチカン―ローマ法王庁は、いま (岩波新書)

バチカン―ローマ法王庁は、いま (岩波新書)

  • 作者: 郷 富佐子
  • 出版社/メーカー: 岩波書店
  • 発売日: 2007/10
  • メディア: 新書




イタリア準備用読書シリーズです。
古本屋で発見して購入。「天使と悪魔」「ダ・ヴィンチコード」のあとに最適な1冊。


朝日新聞の記者がみたバチカンです。
文章読みやすく、
前教皇、現教皇の話、リアルなコンクラーベの話から、
バチカンの皆様もサッカーがお好き[ハート]など、
硬軟取り混ぜてエピソード満載。


かつ、新聞記者らしく、聞きなれない言葉はちゃんと解説してくれるので、
非常にわかりやすかったです。

ダヴィンチ・コードについてのバチカンでの評判も
ちゃんとインタビューがのってます。
バチカンが気になる人にぜひ。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 2

shibaryo

こんにちは。ご無沙汰してます。ハラ@岡山です。
私も昨年イタリアに行き、帰って天使と悪魔を読み、この本にたどり着きました。。。はまるよね、バチカン。ついでにフリーメイソンにも。

今は「脱サラ→イタリア移住orショップ開業」を目指して、イタリア料理とイタリア語の習得に励んでます(笑)
by shibaryo (2009-06-20 11:15) 

とんすけ

>shibaryo

生きてましたかー。よかったよかった。

キリストって、教会って、実際どんな存在なんだろうと
無宗教の私は考えてしまった旅でした。

 >今は「脱サラ→イタリア移住orショップ開業」を目指して、
  イタリア料理 とイタリア語の習得に励んでます(笑)

 イタリア移住したら、連絡して。宿にするから。
 で、いつよ?(笑)

by とんすけ (2009-06-22 18:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。