So-net無料ブログ作成

超大きな買い物。『ローン以前の住宅購入の常識』 [本]


ローン以前の住宅購入の常識 (講談社の実用BOOK)

ローン以前の住宅購入の常識 (講談社の実用BOOK)

  • 作者: 竹下 さくら
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/10/24
  • メディア: 単行本



そんなことも考えなきゃいけないなという年代に入ってきて、
ふと、ナーンにも知らないことに気づきました。
そこで、住宅購入に当たっての超基本をざっとみたいと思って買ったのがこれ。
マンションのよいところ、戸建について、ローンについての考え方、
定期借地権と所有権のメリットなどなど、内容は浅くひろーくです。

比較、QAなど、あの言葉聞いたことあるけど、
よくわかんな~いというところをうまくひろってくれてるなという印象。
字も大きいし、イラストや漫画も多くて、そんなに情報量は多くないものの、
法律とかお金とかにとにかく苦手意識の強い私にはぴったりの本でした。

マンションか中古戸建てか新築戸建てか土地に新築か、
お金はどうするかとか、いやー、家買うって大変なんだなあ。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:

今も昔もサラリーマンがやってることは同じ。『不毛地帯』3巻 [本]


不毛地帯 第3巻 (新潮文庫 や 5-42)

不毛地帯 第3巻 (新潮文庫 や 5-42)

  • 作者: 山崎 豊子
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2009/03
  • メディア: 文庫



第3巻読了。
提携とか合併とか、
持ち株比率のせめぎあいとか、
役所や政治家への根回しとか、
今も昔もやってることは同じですね。

キリンとかサントリーとか、JCOMとか住商とかKDDIとか、
あおぞら銀行とか新生銀行とか、
新聞のドキュメンタリー記事読んでるのかとふと思っちゃいます。

それこそ山崎豊子作品の面白いところだなーと。
稼ぐものは変わっても、やってることは一緒だと。
『白い巨塔』読んだときにも思いました。

あと1冊と思ったら、アマゾンみると5巻まであるみたい。
家のなか探検しなければー。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

幸せな気分になれる和菓子2選。 [おいしいもの]

今日、会社に差し入れでいただいた和菓子があまりにもおいしくて、
久しぶりにおいしいものシリーズ。

■京都夷川 豆政 月しろ
http://www.mamemasa.co.jp/shopping/shosai.php?pid=1171265658-931392

初めて食べました。会社へのいただきもの。
京都のお菓子です。

甘納豆を寒天でやさしく包んで固めたお菓子、とでもいえばいいでしょうか。
甘納豆が甘すぎず、でもずっしりとあずきを実感できて、
幸せな気分になれます。

仕事の合間にいただくと、さあ、頑張ろうかなと思える幸せ感[ハートたち(複数ハート)]
京都だと定番なのかしら。


■満願堂 芋きんどら焼き
http://r.tabelog.com/tokyo/A1312/A131203/13002948/

帰省するときは必ず満願堂の芋きんを羽田空港第二ターミナル端っこで
購入するのがもうここ何年も続いてます。
ふとお正月にみつけたのが、芋きんどら焼き。
どら焼きのあんに、さらに芋きんのあんも入っているという贅沢(?)品。

なんかおもろそうやわーと買ってみましたが、
非常においしかった。
どら焼きのスポンジ(でいいのかな)が、またふわふわしっとり。
あんこにさらに芋きんのあんまで食べられちゃうお楽しみ感。
どら焼きが大好物のドラえもんの気持ちがよくわかる[ぴかぴか(新しい)]

カロリーたっぷり感ありますが、まぁ、たまにはいいじゃないですか。
賞味期限24時間の芋きんよりも長持ちするし、
今度おみやげに使ってみましょう。


さて、仕事に戻りますか。
nice!(0)  コメント(4) 

伸びた。 [つれづれ日記]

電車混みすぎて、まだ最寄り駅にたどり着かない~。

先日ちょっと自費で検診受けてきました。


そしたら。




8ミリ身長が伸びてた。
174.8センチ。

何歳まで身長って伸びるのかなあ[ふらふら]


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:moblog

お弁当をつくる時間。 [つれづれ日記]

今回つくってる本は、
体力的にはもちろん、
それより何よりも精神的に大変。


まだ半月はこのまま続くので、
体力温存のために、
徹夜は封じて、
ダンナと一緒に家を出て、
(↑いつもよりそうとう早い)
帰りは終電には何とか間に合わせる。


となると、
最低限の家事は家電に助けられてやるものの、
お弁当作りは無理(:_;)

意外と2人分の弁当作りは、
私にとっては、
大変っていうよりも、自分の精神安定剤的な存在なので、
それも仕事大変だわ感を助長してます。


でも、どんなに朝早くても、
きちんとお弁当つくってる方も世の中には多いわけで。
心から尊敬。
そんな方はどんなスゴ技をもってるのかなーなんて思います。

そして毎日子どものためにお弁当をつくるお母様方。
毎日、しかも一緒に朝ごはんもつくりながら弁当も仕上げる、すごさ。
こちらも心から尊敬。

ふと思うと、自分だって
母親に同じことやってもらって
育ってきたわけです。

何よりも誰よりも、
母に感謝。
そして尊敬。


で、早く、弁当をつくれる
人間らしき生活に戻りたいぞー。
nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。