So-net無料ブログ作成
検索選択

ドロドロの商社マンたち。『不毛地帯』第2巻 [本]





最近、帰りの終電間際の電車で読む『不毛地帯』だけを楽しみに生活しております。

大本営の参謀だった壹岐正が、11年のシベリア抑留のあと、
商社マンとして新たな戦いに挑む姿を描く、というのが超簡単なストーリー
伊藤忠商事の元会長・瀬島龍三がモデルといわれています。

シベリア抑留~“商社マン”になるまでを描いた1巻に比べ、
すっかり商社マンの彼が商社間、社員間のドロドロにはまっていくのが2巻。
商社マンにならなくてよかったーと思ってしまうくらい、ドロドロです。
小説として読むと、そのドロドロにずっぷりはまってしまいます。
さすが山崎豊子作品です。

残すはあと2巻ですが、それを読んでしまうのももったいないような、
でも、やっぱりよまずはいられない小説です。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:

座ってるのに空とんじゃうみたい。『アバター』 [映画]





日曜日、断水になってしまった職場での仕事を諦めて、行ってきましたよ。
アバター

3時間ずっと、ディズニーランドにいたみたいでした。
メガネをかけて座っているだけで、
絶叫マシーンに乗って、降りたらラブストーリーがあって、
敵がせめてきて戦って……を全部体験してしまう感じ。
ジェームズ・ホーナーの壮大な音楽がそれを助長します。

空をとんだり、青くて大きなのナヴィ族たちの世界と人間の世界をワープしたり、
3Dのおかげで慣れるまで少し3D酔い。
高所恐怖症の人には大変です。

冒険して、ちょっと恋愛があって、人間ドラマと権力への批判、
身体障害者の処遇、自然破壊への批判なんていろんなメッセージがあって、
話自体は、あ、ナウシカだとか、あ、ピノキオだとか、あ、もののけ姫?とか、
デジャブ感いっぱいあります。
少しみただけで、話は読めます。結末もすぐに予想つく単純明快なストーリー。

でも、あの映像技術はすごい。人間が演技したものが、
そのままCGで青い顔で驚くべき身体能力をもつナヴィ族として生きる。
難しい技術の話は理解できていませんが、人間とつくりものの境目が
まったくわからない素晴らしさと怖さ。

なんかすごいもんみちゃったなーというのが一番の感想です。
一見の価値ありです。
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

無料だと喜んでると、実はお金使ってるかもよ。『フリー』 [本]

日記に書きたいネタはとりあえず置いておいて、忘れないうちに本のレビューから。


フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー~〈無料〉からお金を生みだす新戦略




インターネットの情報を始め、無料でいろんなものを使ったり見たり読んだりする時代。

実は、ちゃんと利益を生み出す構造になっている。広告だけではない、お試し版から有料版へのシフト、無料で名前を売って関連グッズを売るなどなど、その方法はいろいろ。その実例がやまほど。さらに、若者は無料が当然と思っているこの世の中。

無料、という観点から横断的にいろんな事象、サービスを見た1冊。切り口は、心理学、経済学など縦横無尽。こういう物事の切り取り方は大好きだ。だから読みきれた。一方で、無料だ無料だと喜んでると、ちゃっかりお金もむしりとられちゃうんだぞ、なんてことも感じた。

でも、なんせこの本、レイアウトが読みにくい。ノドぎりぎりまで文章が入って、行間ぎちぎちだし。紙が軽くて厚さのわりに本が軽いのはいいけど、もちょっと読みやすい本にしてほしかったかな。なぜか1ヶ月近くもかかってしまいましたよ、読むのに。開くと面白いけどつかれちゃうから。

nice!(0)  コメント(6) 

富士山眺める正月。 [つれづれ日記]

明けましておめでとうございます078ハート2.gif

結婚して初めての年末は恒例の有馬温泉御所坊。
赤いお湯と但馬牛を堪能しました。
3458890


大晦日はN田家に移動。何年かぶりにまじめに紅白みました。
スーザン・ボイルがいちばん印象的。
目を閉じればここは帝国劇場。
そして舞台上には工場を追い出されたファンティーヌ。


元旦はお屠蘇、お節、初詣と正しいお正月
さらに百人一首も。坊主めくりで大ハッスル


初めて元日から富士山眺めて、めでたい感じ。
3458891
そして明日の同窓会に向けて大阪へ再び。空港は帰省ラッシュ前でのんびり。


今年はのんびり、ほどよく忙しく過ごしたいものです。
あ、久しぶりにニューヨークにいきたいなあ。ビリーエリオットみに。



皆様、今年もよろしくお願いします。
nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:moblog

懺悔もせず年越し。 [つれづれ日記]

気づけば大晦日。

年末の数ヵ月は想像絶する仕事のつまりようで、恒例の懺悔(もちろん観劇の(^^;)も出来ず、年末年始の里帰りに突入しました。

盛りだくさんの年でしたが、皆さんのおかげで嫁にもなり、素晴らしいパーティーを開くことができ、イタリア満喫し、ミュージカル本もつくることができ、よい1年だったなあと。


ここをのぞいてくださる皆様、どうもありがとうございました。
観劇懺悔はまた来年に。

よいお年を\xF5\xAA
nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:moblog

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。